2010年03月03日

キツネ侵入による事故死、高速会社に「責任なし」 最高裁(産経新聞)

 北海道苫小牧市の高速道路で平成13年、キツネを避けようとしたことが原因で事故死した女性=当時(34)=の両親が、東日本高速道路(旧日本道路公団)に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖裁判長)は2日、同社に賠償を命じた2審判決を破棄、両親の請求を退けた。両親側の逆転敗訴が確定した。

 同小法廷は「道路に侵入したキツネなどの小動物に接触して、死傷する事故が発生する危険性は高いものではなく、動物注意の標識も設置されていた」と指摘。「道路が通常有すべき安全性を欠いていたということはできず、設置や管理に不備があったとはいえない」と結論づけた。

 判決によると、女性は路上のキツネを避けようとして中央分離帯に衝突。後続の乗用車に追突され、頭を強く打ち、死亡した。

 1審札幌地裁は道路の設置や管理に問題がなかったとしたが、2審札幌高裁は同社に約5100万円の支払いを命じていた。追突した車を運転していた男性については、両親側に約2600万円を支払うよう命じた判決が確定している。

【関連記事】
交通事故死の男、4件の強盗容疑で書類送検 栃木
佐野市の銀行員が事故死
交通事故死者数、57年ぶり4千人台に 9年連続減少
茨城の男性が事故死か 栃木の国道4号
期間中の事故死者133人 秋の交通安全運動、過去2番目の少なさ
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

沿岸部の鉄道各線、運転見合わせ相次ぐ 大津波警報受け(産経新聞)
あの手この手で民主批判=街頭演説、確定申告相談会で−自民(時事通信)
<津波>ハワイで2メートルの高潮観測 海岸部の被害はなし(毎日新聞)
津波注意報、すべて解除(産経新聞)
<新型インフル>余るワクチン 欧米でWHO非難も(毎日新聞)
posted by ヒラサワ シゲオ at 00:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。