2010年02月15日

アッバス氏、衆参議長と会談(時事通信)

 パレスチナ自治政府のアッバス議長は9日、横路孝弘衆院議長を国会内に表敬訪問した。横路氏が「(イスラエルとの)和平プロセスの停滞に懸念を持っている。日本としてさまざまな面で協力したい」と述べたのに対し、アッバス氏は「和平プロセスやパレスチナの発展に向けた日本側の支援を高く評価する」と応じた。
 アッバス議長はこの後、江田五月参院議長とも会談した。 

【関連ニュース】
イスラエルの入植凍結で一致=日・パレスチナ首脳会談
パレスチナ議長が広島訪問=原爆資料館で核廃絶訴え
パレスチナ議長、7日に来日
パレスチナ議長、原爆資料館へ=広島市
「平和と繁栄の回廊」継続を=対イスラエル圧力強化も

神奈川いすゞ、車検でブレーキ整備せず「済み」に(読売新聞)
自民、参院選公約づくり大幅前倒し(読売新聞)
統合交渉が決裂=比率で溝埋まらず、白紙撤回−キリン・サントリー(時事通信)
同志社大で出題ミス(産経新聞)
<産地偽装>青森産豚肉と偽り納入の疑い 八戸の業者逮捕(毎日新聞)
posted by ヒラサワ シゲオ at 13:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。