2010年03月31日

花会式前にお身拭い 奈良・薬師寺(産経新聞)

 古都に春本番を告げる薬師寺(奈良市)の修二会(しゅにえ)「花会式(はなえしき)」を前に28日、金堂の薬師三尊像(国宝)を清める「お身拭(ぬぐ)い」が行われた。花会式は30日〜4月5日に営まれ、華やかな造花(つくりばな)が飾られた仏前で祈りがささげられる。

 お身拭いは、花会式に出仕する僧侶10人が法要を営んだ後、開始。僧侶や奉仕の学生らが、薬師如来坐像と日光・月光両菩薩立像の三尊像にはしごをかけて近づき、布でほこりをぬぐうと、仏像は見る見るうちに輝きを取り戻した。

 花会式は平安時代、堀河天皇が皇后の病気回復の礼に造花を供えたのが由来。三尊像に10種の造花を供えて人々の幸福を祈願する。

【関連記事】
国宝の薬師寺東塔、屋根下の木材など損傷
奈良・薬師寺東塔の彩色文様を現況調査 剥落止めで保存へ
薬師寺でお身ぬぐい 修正会の準備、粛々と
奈良の大安寺遷寺1300年 国際交流の歴史アピールへ
薬師寺修理の写経、高い関心はや100巻 釈迦生涯たどる特別版
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<児童ポルノ対策>ブロッキング導入先送り 違法性見解割れ(毎日新聞)
<夫絞殺>容疑の69歳妻逮捕 35年寝たきりの夫に頼まれ(毎日新聞)
JR東トラブル 情報通信用ケーブル切断が原因(毎日新聞)
<天皇、皇后両陛下>京都・平等院を訪問 (毎日新聞)
桑田真澄さん 早大大学院を修了「研究の奥深さ知った」(毎日新聞)
posted by ヒラサワ シゲオ at 01:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。